車検を受ける時に安く済ませる方法を知っておこう

車検には様々な種類がある

車を所有している人ならば、必ず車検を受けなければいけません。車検を受けるときには、普通自動車であれば、およそ10万円ぐらいはかかります。もちろん、その自動車の重量や何年間乗り続けているかによっても異なりますが、それほど古くない車であれば、10万円もあればお釣りが来るでしょう。古い車の場合は、重量税が高くなる場合や、パーツが劣化しており交換する時の費用で高くなってしまうことがあります。交換するパーツは主にバッテリーやタイヤ、オイルです。このようにお金がかかる車検ですが、これを安く済ませる方法もないわけではありません。1つの方法は、ガソリンスタンドやカー用品店に依頼をすることです。法定費用は変わりませんが、代行費用などで差がつきます。ディーラー等に比べるとおよそ2万円位は安くなるのが普通になります。

ユーザ車検を利用するとさらに安くなる

車検は、業者に任せずとも自分で行うことができます。自分で行うといっても、自分が車の下にもぐって点検をするわけではありません。いわゆる陸運支局に自動車を持っていき、そこで車検をすることができます。この場合、料金は法定費用だけ用意しておけば良いため、普通自動車でも5万円もあれば、車検に通すことが可能です。この時には、事前に書類を用意しておかなければいけません。本来であれば業者が用意するはずの書類も自分で用意しなければならず、その分手間がかかることになります。注意点としては、陸軍支局は平日しか空いておらず、土日休みの人は有給などをとって行く必要があります。

所有している車を、車検が切れたまま車庫や駐車上に放置している場合は自動車税が発生します。そのため、今後乗る予定があるならば、一時抹消登録をすることで自動車税の請求は来なくなります。