車検切れに要注意!忘れてしまうとどうなるの?

車検切れになるとできなくなること

うっかり車検の有効期間が過ぎてしまったという状況になる人もたまにいます。忙しさにかまけているうちにタイミングを逃してしまったり、普段は乗らないからと後回しにしているうちに過ぎてしまったりするというのがよくあるパターンです。このような状況に陥ってもそれ自体に何か問題があるというわけではありません。できなくなるのは公道を運転することであり、それが見つかってしまうと車検切れと自賠責保険切れの二つでそれぞれ6点ずつ加算されることになってしまう問題が生じます。しかし、運転しないから放置してあったというときにはそのまま乗らないでいる限りは全く問題が発生しません。ただし、車検を受けにいくにも車が運転できないので注意しましょう。

車検切れになったときの車検の方法

車検切れになってしまった車を運転できるようにするためには車検を通さなければなりません。そのためにはディーラーなどに車を持っていくか、車検場に行く必要がありますが、どちらの場合にも車を動かす必要があるでしょう。解決方法として仮ナンバーを発行してもらって一時的に運転できるようにして貰う方法があります。もう一つはレッカーなどで運んでもらって車検を行えるところまで車を移動させる方法です。この二つのどちらかを選んで車検を通すことができれば再び公道を走れるようになります。車検業者に相談してみるとレッカーを手配してくれたり、仮ナンバーを代理で取得してきてくれたりするのでまずは相談してみると良いでしょう。

エネオスで車検を受ける事は安心が出来る事になります。エネオスは大手となりますので、専属の整備士によって検査を受けられます。